VALUE TECHNOLOGY
VALUE TECHNOLOGY
日本語

言語を選択してください

事業案内
Business

FineReport

表現力に優れた帳票、ダッシュボードを!

帳票、グラフ、地図連携、動画などの表現手段でデータを可視化

表現力に優れた帳票、ダッシュボードを!

帳票出力から、データ入力まで!

データを可視化するだけではなく、データ入力も可能

帳票出力から、データ入力まで!

Excelライクなデザイナで簡単に作成!

ノーコーディングで今まで慣れたUIでダッシュボードをデザイン

Excelライクなデザイナで簡単に作成!

概要

FineReportとは

FineReportは、Web帳票、分析ダッシュボード設計、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したデータ活用ツールです。
様々なシステム帳票、業務の可視化ダッシュボードの作成などに利用できます。

FineReportの応用シーン

FineReportは一つのライセンスで、データ分析のみではなく、企業の様々な業務に利用できる製品です。例えば:
  • ・各種ダッシュボード表示、地図連動、帳票出力など
  • ・様々なデータ分析(経理、財務、売上管理、生産量進捗、品質分析等)
  • ・営業情報(データ、写真)を営業担当が外出先からリアルタイムで報告
  • ・IoT可視化(機械稼働状況、加工品質管理、生産ライン進捗等)
  • ・生産現場のペーパーレス化(紙の検査記録などをデジタル化)
  • ・資産管理、在庫管理等を移動端末で入力、QRスキャン、撮影により実現
  • ・Excelフォーム、Excelデータの取り入れ、データ検索や入力などの機能で脱Excel

  • ExcelライクのFineReprotデザイナー

    コーディング不要で、ドラッグ&ドロップ操作、Excel感覚でデザインできます。

    ExcelライクのFineReprot帳票デザイナー

    Gartner Group マーケットガイドでの紹介

    Gartner Group マーケットガイドでの紹介

    製品

    製品体系

    製品体系

    先端技術を駆使したユーザフレンドリな製品設計

    先端技術を駆使したユーザフレンドリな製品設計

    ドラッグ&ドロップで容易に帳票作成

    Excelライクなデータ列紐付け形式の操作画面によって簡単に習得。
    シートを跨る計算に対応し、Excelの数式を継承し、ユーザは好みに合わせて複雑な帳票とレポートを作成できます。

    多彩なデータ可視化とインタラクション効果

    デフォルトのH5グラフおよびEcharts等のサードパーティ製ウィジェットでグラフを作成可能。
    自社開発したH5グラフは、70種類のグラフがあり、各種グラフインタラクション方法もサポートしており、データの多様な表示を全面的にバックアップします。

    強力なデータ入力機能

    マルチデータソースへのデータ入力が可能。入力フォームを自由にデザインできるだけではなく、Excelデータの一括インポートもサポートしており、顧客情報、アンケート調査、受発注伝票、営業状況報告など様々なシーンに活用できます。

    強力なデータ入力機能

    企業の帳票管理ポータル

    企業はFineReport管理ポータルを中心とした帳票管理ポータルを構築でき、帳票管理やユーザー管理、組織管理及び権限管理を便利に実現することで、完全なデータ中心の管理を行う事ができ企業レベルの帳票プラットフォームの構築が可能です。

    企業の帳票管理ポータル

    既存のシステム連携、短期間導入

    Pure Javaで作成されたFineReportは独立型/組み込み型デプロイにより、さまざまなシステムトとシームレスに連携できます。その柔軟性とリスク管理機能により容易な運用保守ができます。

    既存のシステム連携、短期間導入

    事例

    FineReportは日本大手企業を含み7000社以上の実績があります。

    日本大手製造業のIoT事例

    生産現場の機械データを見える化し、リアルタイムで機械の稼働状況、生産情報を把握できます。

    日本大手製造業のIoT事例 日本大手製造業のIoT事例 日本大手製造業のIoT事例

    ITテクニカルサポート看板

    サポート案件対応の情報を一目瞭然で管理します。

    ITテクニカルサポート看板

    物流情報可視化事例

    運転手のモバイルから配達情報がリアルタイムに入力され、管理センターで配達状況が瞬時に把握できます。
    一度作ったダッシュボードをパソコンでもモバイルでも利用できます。

    物流情報可視化事例

    PAGE TOP